⚠只今引っ越し作業中⚠ 旧サイトはコチラから

近代化遺産

近代化遺産

旧豊後森機関区(扇形機関庫と転車台)

旧豊後森機関区(扇形機関庫と転車台) 玖珠郡玖珠町の豊後森駅の横に「旧豊後森機関区」があります。 旧国鉄久大本線豊後森駅の東側にあった機関庫で、「扇形機関庫」と「転車台」が現存しており、 「旧豊後森機関区の関連遺産」として近代文化遺産に認定...
世界遺産

三池炭鉱宮原坑/三池炭鉱専用鉄道敷跡

三池炭鉱宮原坑 近代日本の発展を支えた、重要なエネルギー資源である「石炭」。大牟田市は、かつてわが国最大の炭鉱の町でした。三池炭鉱は、ユネスコの世界文化遺産に登録された『明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業』の構成資産の一つで...
世界遺産

三角西港

三角西港 三角港は熊本県宇城市三角町にある港湾で、西港と東港に分かれています。西港は世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産のひとつとなっています。 西港の整備が始められたのは1884年(明治17年)で、18...
近代化遺産

宮浦石炭記念公園/旧三池炭鉱宮浦坑煙突

宮浦(みやうら)石炭記念公園/旧三池炭鉱宮浦坑煙突 近代日本の発展を支えた、重要なエネルギー資源である「石炭」。 大牟田市は、かつてわが国最大の炭鉱の町でした。『三池炭鉱』は、ユネスコの世界文化遺産に登録された『明治日本の産業革命遺産 製鉄...
世界遺産

[世界遺産] 明治日本の産業革命遺産

■ 明治日本の産業革命遺産 構成資産一覧
近代化遺産

旧志免鉱業所竪坑櫓

旧志免鉱業所竪坑櫓(きゅうしめこうぎょうしょたてこうやぐら) 石炭をエネルギーとして使っていた時代、旧海軍は1889年(明治22年)に現在の須惠町に新原(しんばる)採炭所を作り、戦艦などの燃料とする石炭を採炭しました。志免町では海軍採炭所第...
世界遺産

旧三池炭鉱 万田坑

旧三池炭鉱 万田坑 三池炭鉱 は、福岡県大牟田市から熊本県荒尾市にかけて坑口を持っていた炭鉱です。古くは江戸時代から採炭が行われていましたが、1873(明治6)年に明治政府の官営事業となりました。1889(明治22)年に三井財閥に払い下げら...
世界遺産

石積埠頭と排水路〖三角西港〗

石積埠頭 全長756mに及ぶ埠頭は、ムルドルの統計と天草の石工の技術が融合した、当時最先端の石積みの埠頭です。整然とした切石積みが特徴で、国の重要文化財に指定されています。1世紀を経た今でも、当時の港の美しさを残しています。 756mに及ぶ...
世界遺産

龍驤館〖三角西港〗

左の建物が「龍驤館」、右の建物が「浦島屋」 龍驤館(りゅうじょうかん) 「龍驤館(りゅうじょうかん)」は、明治天皇を頌徳(しょうとく)する記念館として、大正7年(1918年)に建設され、公会堂や図書館として利用されました。小泉八雲の紀行文「...
世界遺産

三池炭鉱専用鉄道敷跡/諏訪川橋梁

三池炭鉱専用鉄道敷跡 『三池炭鉱』は、ユネスコの世界文化遺産に登録された『明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業』の構成資産の一つです。三池炭鉱で登録された遺産は、「宮原坑」、「万田坑」、「専用鉄道敷跡」、「三池港」です。 また...