⚠只今引っ越し作業中⚠ 旧サイトはコチラから

明治日本の産業革命遺産

世界遺産

[世界遺産] 明治日本の産業革命遺産

■ 明治日本の産業革命遺産 構成資産一覧
世界遺産

三角西港

三角西港 三角港は熊本県宇城市三角町にある港湾で、西港と東港に分かれています。西港は世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産のひとつとなっています。 西港の整備が始められたのは1884年(明治17年)で、18...
博物館・資料館

石炭産業科学館

石炭産業科学館 近代日本の発展を支えた、重要なエネルギー資源である「石炭」。 大牟田市は、かつてわが国最大の炭鉱の町でした。「石炭産業科学館」では、明治から平成9年の閉山まで大牟田市にあった「三池炭鉱」を中心に、石炭の発見から、石炭技術の歩...
世界遺産

大板山たたら製鉄遺跡

大板山たたら製鉄遺跡 「大板山(おおいたやま)たたら製鉄遺跡」は、江戸時代の中期から後期にかけての製鉄遺跡です。世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 ~製鉄・製鋼、造船、石炭産業~」の構成資産のひとつとなっています。萩市街地から北東へ約24...
世界遺産

高島/高島石炭資料館

高島 「高島」は、長崎港の南西約14.5キロメートルの洋上に浮かぶ離島です。近隣に浮かぶ、端島(軍艦島)、中ノ島、飛島と合わせて4つの島で高島町を形成しており、その4つの島のうち、有人島は高島だけです。高島では江戸時代初期から石炭の採掘が始...
世界遺産

軍艦島

軍艦島 「軍艦島」は、長崎市高島町にある離島で、正式名称を「端島(はしま)」と言います。長崎市高島町を形成する4島(飛島、高島、中ノ島、端島)のひとつで、東経129度、北緯32度、長崎港から18.5kmの沖合に位置しています。明治時代から昭...