⚠只今引っ越し作業中⚠ 旧サイトはコチラから

大板山たたら製鉄遺跡

大板山たたら製鉄遺跡

「大板山(おおいたやま)たたら製鉄遺跡」は、江戸時代の中期から後期にかけての製鉄遺跡です。世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 ~製鉄・製鋼、造船、石炭産業~」の構成資産のひとつとなっています。
萩市街地から北東へ約24km、山道を走り、山の口ダムの北側にあります。駐車場とトイレ、インフォメーションセンターである「大板山たたら館」があり、館内でまず5分程度のビデオを視聴し、大板山たたら製鉄遺跡について予備知識を頭に入れてから、隣に広がる遺跡を見学します。

インフォメーションセンター。建物の左手の木立に「大板山たたら製鉄遺跡」がある

この遺跡は、日本古来の技術により砂鉄から鉄をつくっていた、江戸時代の製鉄所跡です。中断しながらも宝暦年間(1751-64)・文化年間(1803-18)・安政年間(1854-60)の三期に操業しており、安政年間の建物跡が整備されています。
「山内(さんない)」と呼ばれる製鉄所の中には製鉄炉(高殿)・事務所(元小屋)・鉄の塊の加工場(鍛冶屋)・職人住宅(下小屋)などの諸施設がならび、全体が柵で囲まれていました。
現在では、山ノ口ダムの建設により南半分が水没しており、高殿や元小屋のある北半分のみ保存されています。

右の小さな長方形が、小鍛冶。中央の大きな長方形が、元小屋

「たたら製鉄」とは、日本で古代から近世にかけて発達した製鉄法で、炉に空気を送り込むのに使われる鞴が「たたら」と呼ばれていたために付けられた名称です。木炭を燃料として砂鉄を製錬する原始的なものでした。

ここ「大板山」では、1750年代~1860年代の間に3回の操業が行われました。
第1回操業は、宝暦年間のうちの8年間で、1751年~1764年。
第2回操業は、文化文政年間の10年間で、1812年~1822年。
第3回操業は、幕末期の12年以上、1855年~1867年。

近代の「炭窯」

特に、第3回操業の幕末期には、萩藩が1856年(安政3年)に恵美須ヶ鼻造船所で萩藩最初の様式軍艦「丙辰丸(へいしんまる)」を建造するために、船釘や碇の原料鉄を供給しました。
そして1863年(文久3年)からは産鉄全てが萩藩に買い上げられました。

まずは高低差で高い方から見下ろします。ここから見える最も大きな遺跡が、「元小屋(もとごや)」で、全体を見渡せる場所に造られた仕事・生活の事務を行っていたところです。元小屋の両端に「小鍛冶」という道具を作ったり修理したりする場所と、食料を入れた「倉庫」がありました。

遺跡内に幾つか設置された透明なアクリル板は、当時の建物の絵が描かれており、このアクリル越しに遺跡を重ねて見ると、当時の建物の様子が分かるようになっています。

透明なアクリル板と、遺跡の位置を重ねると・・・
中央の大きな遺跡が、元小屋。仕事・生活の事務を行っていた
元小屋推定復元図。遺跡とアクリル板を重ねて、当時の情景を見る

遺跡の一番奥の方には、実際に製鉄作業を行っていた製鉄炉や鞴(ふいご)が置かれた「高殿」がありました。高殿の手前には、「砂鉄洗い場」や「鉄池(かないけ)」、「給水施設」などがありました。
「砂鉄洗い場」は、砂鉄が水に沈むことを利用し、不純物を取り除いたところ。「給水施設」は、鉄池などで使う水を溜めるところ。「鉄池」は、高殿で作られた熱い鉄の塊を運び入れ、水で冷やしたところです。

大板山たたら製鉄遺跡 (1)
大板山たたら製鉄遺跡 (3)
写真手前左側「給水施設」、右の屋根が付いたところが「砂鉄洗い場」
砂鉄洗い場

遺跡の一番奥にいる広いスペースは、「高殿」と言われ、山内の中心施設で、ここで鉄が作られていました。中央に「製鉄炉」とその両脇に「天秤鞴(ふいご)」があり、左手に「砂鉄焙焼炉」がありました。
製鉄炉では、砂鉄と木炭を燃焼させ、砂鉄を鉄に変化させます。地下には水分を取り除いたり、熱を蓄える工夫がされていました。
製鉄には強い炎が必要なため、「炉」に「鞴」で風を送り、強い炎を作ります。鞴は足踏み式で、番子と呼ばれる職人が踏んでいました。

一番奥に見える広いスペースが「高殿」という山内の中心施設
左手前が「砂鉄焙焼炉」、中央に赤い粘土で復元されているのが「製鉄炉」、その両脇に「天秤鞴」
一番奥の方から遺跡全体を見る

「金屋子神祠(かなやごしんし)」という矢印があり、遺跡から少し石段を上ります。「金屋子神(かなやごしん)」は、女性の神様で、桂の木に降り立ち、鉄づくりを教えたと伝えられています。「山内(さんない)」には、鉄づくりがうまくいくように、必ず金屋子神が祀られています。
この金屋子神祠は、山の口ダムの建設により、現在の位置に新規に建立されたものです。

鉄池
金屋子神祠(かなやごしんし)

最終訪問日:2024.06.12.

大板山たたら製鉄遺跡 アクセス

 名称 大板山たたら製鉄遺跡 
 住所 山口県萩市紫福大板257-1  
 TEL 0838-25-3380 
 URL   http://www.ohitayama-tatara.net/ 

近隣スポット

PR | Information

▶ 宵待ちの宿 萩一輪
波音・日本海・潮風に包まれるオーシャンビュー露天風呂付客室と足湯テラスが人気!生ビール・夏みかん酎ハイ・コーヒー約16種類のWelcomeドリンクタイムサービスなど嬉しい無料サービスが盛り沢山♪
▶ 源泉の宿 萩本陣
地下2000メートルの自家源泉はイオン濃度が高く、女性にはうれしい美肌や関節痛などに効果があると言われています。情緒溢れる14種類の湯船めぐりと豊かな自然が育んだ「萩」の食材を心ゆくまで愉しんで♪
▶ 浜崎の宿 萩別邸
築120年の建物を、当時の建築様式を残しながらも大胆なコンセプトの元、現代の建築技術とアートを調和させ、1階客室「苔庵 -taian-」2階客室「天空廊 -tenkuro-」として蘇らせました。
▶ 萩の夏みかん菓子(青切)
新鮮な萩の夏みかんの皮を利用した美味しい萩の銘菓です 。

■ 世界遺産 明治日本の産業革命遺産 構成資産一覧

 エリア1
 萩

1-1
1-2
1-3
1-4
1-5

萩反射炉
恵美須ヶ鼻造船所跡
大板山たたら製鉄遺跡
萩城下町
松下村塾

 エリア2
 鹿児島

2-1
2-2
2-3

旧集成館
寺山炭窯跡
関吉の疎水溝

 エリア3 韮山

3-1

韮山反射炉

 エリア4 釜石

4-1

橋野鉄鉱山

 エリア5 佐賀

5-1

 エリア6
 長崎

6-1
6-2
6-3
6-4
6-5
6-6
6-7
6-8

小菅修船場跡
三菱長崎造船所 第三船渠
三菱長崎造船所 ジャイアント・カンチレバークレーン
三菱長崎造船所 旧木型場
三菱長崎造船所 占勝閣
高島炭坑
端島炭坑
旧グラバー住宅

 エリア7
 三池

7-1
7-2

三池炭鉱・三池港(宮原坑万田坑専用鉄道敷跡、三池港)
三角西港

 エリア8
 八幡

8-1
8-2

官営八幡製鐵所(旧本事務所、修繕工場、旧鍛冶工場)
遠賀川水源地ポンプ室